sunday morningまで

古本買取 東京

髪の毛を切った。自分の髪の毛がバサバサと床に落ちている。お姉さんが無表情でさっと、それを箒で掃く。手際がいいなあとレジの辺りからその光景を眺めていると、お姉さんがこっちを向いて微笑んだ。あ、と咄嗟に微笑み返す。ぎこちなかったかもしれない。不意打ちの微笑みにはドキッとする。

美容院に行った後は人に会いたくなる。
良い匂いがするから。
特別なことなんかないのに、そういう仕様にしてくれるから。
そのおかげでなんだか少し、人に良くできそうだから。
でも結局誰にも会わなかった。

電気屋の中を歩き回る。何かのキャンペーンだかでスピーカーを1万円引きで購入し、そのままよいしょと電気屋を出て、スピーカーを抱え夜道を歩いた。もうあっという間に冬の寒さで皆の服が分厚くなってるのを横目に見ながら、アイスを買い、食べる。カラダは冷えてたまらないが、寒い日に食べるアイスはちょっと特別感があってうまい。サラリーマンのおじさんもひとりで31のアイスを食べていた。それもハジけるキャンディーが入ったポップな可愛いアイス。口の中でパチパチ言ってるんだろうか。いいな。でも誰かと一緒に食べたらもっといいのになと思う。

スピーカーからnicoの歌声が流れている。
太いのに不安定な声を聞くと、不思議と何か大丈夫な気がしてくる。
何が大丈夫なのかは分からないが、まあいい。
明日は起きたら日曜日の朝だから、のんきにsunday morningを口ずさめるくらい朗らかな気持ちでいたいものだ。

(The Velvet Underground and Nicoは本当に良いですよね、武田さん)

なんちって。

映画の古本出張買取行っています。もちろん、経済、政治、文学、美術書、学術書、エッセイ、詩集、漫画、美術書、画集、民俗学、古代文学、写真集、人文書などなどオールジャンルの買取を行っているので、いつでも連絡お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近の投稿

出張買取エリア

2018年7月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031