『浴室』

7月 11th, 2017 by admin | Permalink

古本買取 東京

L’amour En Fuite (Love On The Run) – L’amour En Fuite

1)午後を浴室で過ごすようになった時、そこに居を据えることになろうとは思ってもみなかった。浴槽の中で思いをめぐらせながら、快適な数時間を過ごしていたにすぎない。服は着たままの時も脱ぐ時もあった。エドモンドソンはぼくの頭の横にいるのを好み、ぼくが前よりも晴々とした様子に見えると言った。ぼくが何か冗談を言って、二人で笑うこともあった。浴槽はやっぱり縁が並行で、背もたれは斜め、底は平らで足置きを使う必要のないものに限る、などと身ぶりたっぷりに力説したりした。

(2)エドモンドソンは、浴室から出ることを拒むぼくの態度に、心を萎ませるものを感じていたのだが、それでもぼくの暮らしを助けてくれるのだった。アートギャラリーでパートで働いて家計を賄ってくれていたのだ。

21RDTY5WQAL._BO1,204,203,200_

 

何だかヘンテコな本を読んでいる。冒頭の文章で誰のどんな話であるかは大体予想がつくと思う。
こんな男が実際にいたらカメラを回してドキュメンタリーを撮りたい。自分は引きこもることを悪いこととは思わないので、なんだかそういうのも正しいのかもしれないと思うけど、そういうこととこの小説に描かれていることはあんまり関係がなさそうだ。読み進めていくうちに正直面白くなくなってきた。単に設定に惹かれただけみたいだ。でもカフカがこの設定で小説を書いたら面白くなりそうだなと思う。

どこかで見たが、浴槽に浸かる文化は日本独自のもので、海外に行くとまず浴槽に水を溜めて浸かるなんていうことはないらしい。なんでも、狭い浴槽に体を縮め体育座りの姿勢で風呂に入る姿は、西洋人からすると滑稽にさえ思われている、とのこと。そうなの?と、これまで観てきたフランス映画を色々と思い出してみると、いや風呂には入っているけれど、確かに体育座りでいかにも窮屈そうに風呂に入っている人はいなかった。皆足を伸ばしていた。足をうんと伸ばせる浴槽であるならば、そこを居として、好きな音楽を聴いたり本を読んだり、雨が降っている音に耳を澄ませて感慨に耽ることは出来るかもしれない。(この小説の男がしてる)。狭い浴槽ではまず無理だ。体が痛くてたまらなくなる。何かの罰かとさえ思う。だからこの小説の浴槽はまず広いことが第一条件だ。そもそも最初から浴槽の条件を身ぶりたっぷりに力説している。
逆に狭い浴槽に籠ることを想像すると、なんだかもうそれだけでジメジメとしてたまらない。そこで雨の音に耳を澄ませるなど、フランスだからこそなんだか洒落れて聞こえるが、これが日本の安アパートの一室の話、ましてや中年の男の話になると途端に陰鬱になってしまう。その陰鬱さが独特で面白いけれど。(安部公房が書いたらどうなるんだろう?)
兎にも角にも、この小説は字が大きくページ数もそんなにない。だから、あんまり面白くはないけれど、一応最後まで読んでみようと思う。

なんちゃって。

映画の古本出張買取行っています。もちろん、経済、政治、文学、美術書、学術書、エッセイ、詩集、漫画、美術書、画集、民俗学、古代文学、写真集、人文書などなどオールジャンルの買取を行っているので、いつでも連絡お待ちしています。

ピーターラビットのお父さんの衝撃

6月 12th, 2017 by admin | Permalink

古本買取 東京

ピーターラビット展の美しい図録が入荷しました。
ピーターラビットのお父さんは人間に殺されミートパイになって食べられてしまった。
そして、ファミリーツリーに描かれたお父さんの姿が衝撃的!

IMG_3231

IMG_3232

野球がスポーツの王者だった時代

6月 1st, 2017 by admin | Permalink

古本買取 東京

野球が暑かった時代!そしてバブル時代に突入していく時代。

1981年の「スポーツシティー」江川投手もすっかりアイドル路線だ。

雑誌の買取も大いに受付中です。

スポーツシティ1981-7-1

長い散歩

5月 24th, 2017 by admin | Permalink

古本買取 東京

SWEET MEMORIES『風街であひませう』

長い長い、散歩をした。
「散歩に行くけど、ついてこれる?」と言うひとに「うん」と返事をして外に出たことが始まりだった。その時はそこらへんを少し長めに歩くだけだろうと思っていたけれど、実際はそんなに生ぬるいものじゃなく、結果的に、何のためにここまでして歩かないと行けないんだろう?と、歩く人にもこの状況にも、少しの憎しみに近い感情を抱いてしまう程の、長い長い散歩になる。

深夜12時過ぎに家を出て、無言で、ひたすらに歩き続けるひとの後ろ側に、ただただついて行く。
何にも、本当に一言も何もしゃべっていない。疲れたから立ち止まると、何も言わずにその人も立ち止まる。けれども長く待ってくれる風な感じでもなく、少ししてからまたスタスタと先を行ってしまうのだった。

ふと時計を見ると深夜2時近くになっていた。
そしてこんな時間なのにも関わらず、前のほうに大勢の人が集って何かを見ている。
近づくと、橋の撤去作業が行われていた。近所の住民らしき人たちが、なんだか少し悲しそうな表情を浮かべて、その作業を見ている。私たちも少しだけ立ち止まり、(その時初めて足を休めることができた)周りの人たちと同じようにその光景を眺めた。
青い橋に、赤い火花が飛び散っている。
その時、地面に座っている女の人と目が合った。女の人はすごく暗い顔をしていて、生気があまり感じられず少し異様な感じだったけど、どうしてそんな風になっているのかは分からない。何かの終わりを見てしまったような気がする。

それらを背にし、再びスタスタと歩く。
気付くともう人が一人もいない。前にも後ろにも人がいない。その代わり前にも後ろにも長い道だけがあって、とことんうんざりした。

吉祥寺から国立まで、どうやら歩いてしまったらしい。
とんでもなく歩いたことに気がついて、疲れも眠気も限界にまで達したところでもう何もかも嫌になり、小さな公園のベンチに座り込んだ。

「息苦しかった」と、その人は呟いた。「息苦しかった」
そうか、と返事をする。眠気と疲れで意識が朦朧としたまま、なんとなしに上をただぼんやり見上げることしかできず、空を見上げた。それから滑り台の上にのぼって、息苦しいと呟いた人を眺めてみたけれど、影になって、姿がよく見えない。その代わりに自分の影がよく見えた。自分の影はなんだか、おどけて見えて、それから意外と自分はまだ元気なのかもしれないと思い、気付くといつの間にか眠気もどっかに飛んで、またもや歩き出していた。今度は自分が前になって。

それから結局立川まで歩き、始発の電車に乗り込んだ。
猛烈な眠気に襲われて、一瞬で目を閉じてしまったけれど、それもつかの間すぐに揺り起こされると、さっき影に埋もれていた人がとんでもなく活き活きとした表情をして「日の出だよ」と窓の外を指を差すので、ちらと目を向けると太陽が昇り始めている。さっきまでのことがまるで夢だったかに思えるような、嘘みたいな朝を電車のなかで迎えたのだった。
ひょっとしてこの朝日を見るためだけにこんなに歩いたのかもしれない。ずいぶん遠回りだ。何かが報われたような気が、しなくもない。
でも、この先散歩に行くと言われても、容易にうなずかないようにしようとだけは心に決める。

うん。なんちゃって。

フィクション?

映画の古本出張買取行っています。もちろん、経済、政治、文学、美術書、学術書、エッセイ、詩集、漫画、美術書、画集、民俗学、古代文学、写真集、人文書などなどオールジャンルの買取を行っているので、いつでも連絡お待ちしています。

世界の名著を買取強化中!

5月 12th, 2017 by admin | Permalink

古本買取 東京

最近は日本の住宅事情やデジタルコンテンツの発達により
百科事典や文学全集などの大きくて厚くて長いものは人気がありません。
出版社も当時出版した全集や文学も文庫や新書にしてコンパクトになっています。

お客様からの買取で、1960年代から80年代にかけて、
長い間、家にあった全集や事典者の処分に困っていて
どうすれば良いのか?とのご相談もあります。

古書買取、販売をする身としては、お客様のご要望にお応えしたいのですが、
私達も全集類の人気の無さに困ってしまいます。
しかし、その中でも地道にかつ長く古書業界で売れている全集物があります。
それは、中央公論社から出版されていた
「世界の名著」シリーズです。
全81巻で1966年から1976年まで11年間に及んで刊行されました。
サイズ的にはB6版の大きさですが、厚さは4センチ以上、
文字もギッシリ詰まっている、思想を中心としたものです。

かなり硬い内容ですが、当時はかなり売れたようで、
年に何回か全巻入荷します。
そして、いつの間にか売れてしまいます。

という事で、世界の名著は買取強化しています。
家に眠っている、世界の名著、全巻揃っていれば買取価格もUPいたします。

最近の投稿

出張買取エリア

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031